霊感タロット講座〜東京スクールでのお話し。

タロットを勉強していて霊感が出てきた生徒さんのお話しをさせていただきますね。


彼女は40代、

自分である程度までタロットを勉強していました。

そしてもっとわかるようになりたい・・という希望でふるらんのところへ来てくれました。


霊感のタロットを進めることにしました。

普通のタロット教室より、より深く、より濃いものです。


これが進むと・・・カードを開く前に、何が出てくるかわかるようになります。


そうなると・・・もっと先に進むと、今日のお客様は何の相談かもわかるようになります。


それがわかると・・・・お客様が次に何を話すかもわかってきます。

こちらが何をいうと相手から何を返してくるかもわかります。


つまり・・占い師の余裕が全く違います。

そして・・・・相手が聞こうとしていることを先に答えたり、当たる確実性が上がります。


もちろん、それなりの努力は必要です。

でも、基本は一緒です。


お客様の人生を占うのを・・本気で思うこと。
つまり、使命として占わせていただくと思っていることが必要です。


霊感タロットの生徒さんの授業が進んでいきました。

そしてある日・・・

生徒さんに
「昨日、カードさんが夢に出てきて、服を着せ替えてほしい、夏服がほしい、という夢をみたのです。
これって、お着替えの服を買ってあげたらいいのですか?」と聞かれたので、ふるらんは霊視して

「うん、その通り。ぜひかわいいのを」とお話ししました。

そして彼女は買って・・着せてあげたそうです。

するとその夜、またカードさんが出てきて、

「ありがとう。お礼に素敵なことがあるわよ」と言ってくれたそうです。


そしてその4日後・・・

恋人のカードがテーブルの上に上がっていました。

生徒さんは
「そんなはずはないんです、だっていつもちゃんと使った後はしまいますから、一枚だけ出ているなんてありえないのです」と言いました。


その日の帰り、会社のある男性から告白されました。

彼女も気になっていた男性だったので、お付き合いをすることにしたそうです。

「今日の16時、頭の中に恋人のカードが浮かんできたんです。まさか現実になるとは思いませんでした、タロットってすごいですね」とメールに書いてありました。



ふるらんは、
「霊感タロットのすごさはそれが現実になることです。人それぞれ形は違うけど、必ず私は幸せなお客様がたくさん増えると思うとそうなるのです。だから先に自分が幸せになってね。そしたらはっぴ〜霊感になるから」と返信しました。



タロットカードは占うときに使うだけ、と思っているでしょう?

本当は違うのよ。

もっと上の使い方があるの。

それで運気さえ変えられる・・・・


すごいですよね〜

昔の人って。




 
CMSならドリーマASP