東京スピリチュアルセッション〜魔法の財布

魔法のお財布がほしいですよね。

金運に恵まれるお財布


そんなお財布があったら・・・


ふるらんのお財布は数年前、六本木ヒルズで買いました。

ヒルズに行ったときに、ふとお店が気になり

笙先生が
「これいいね〜、買ったらいいよ」と言ってもらったものです。


確かにいまだに、ピンチになってもお金が入ってくる。

ピンチって変な言い方かもしれないけれど、たまに計算ミスで
「2千円はいっていたつもりだったけど、あれれ?」と思ってレジを通ろうとしたときに、ふと見ると、レシート入れの場所に千円入っていて、無事レジを通過、とかありましたし、先日は病院で支払いすると意外にお金がかかって、薬代間に合うかな?と思っていたら、ギリセーフだったし、ごみ袋を買っていこうかな?と思ってスーパーに方向を変えようとしていたら、お財布さんから
「やめて〜そっちじゃない」と聞こえてきて、それでほかの道を走ったら、クリーニングのおばさんとばったりあって、ごみ袋をもらって・・・

昨日は昔のお財布の中から1万円出てきました。

ふるらんのお財布さんたちはふるらんの味方です。

ですから、これからもふるらんはお金に困ることはないでしょうね。



ちなみに・・笙先生は寝る前に必ずお財布さんにあることをしています。




東京セッションで、お客様が
「金運のお財布に出会いたいのですが、どうしたらいいでしょうか?」と聞かれました。

それで買うタイミングや、買い方なのを教えてあげました。

でも、それだけじゃないのです。

そのお財布を見つけてもまずお金のことを知らないと金運さんが遠くに行ってしまいます。


金の卵を産むにわとりさんを見つけても、その育て方を知らないと、卵を産んでくれなくなるでしょう・・


卵だけに集中していると、にわとりさんを殺してしまうのですから。


金運教室のことを学んでもらって、そしてお財布の使い方を変えていただきます。


金の卵を売ったら終わりでしょう?
じゃぁ・・どうしますか?

にわとりさんの卵さんを・・あなたならどうします?


それで彼女は勉強しました。

タイミングを見計らってお財布を購入。

オーラの見える友達が
「それ、どこで買ったの?」というぐらいのものでした。


ふるらんたちも箱から出したお財布をみて

「お〜〜これはきれいだね」と言いました。




9月のセッションでのお話しです。


小○を〜〜したり、お友達からおごってもらったり・・
お金が回り始めたそうです。

そして、給料は変わらないのに、お金が残るようになりました。
つまり、貯金がいままでよりできるようになったのです。

「べつにどうこうではないのですが・・なぜか月末にはお金が残るようになってきたのです」と言いました。

会社でずっと派遣でいましたが、12月にはその契約が切れるそうです。

それで、彼女は考えました。

お財布の中身を増やして・・もっと大きなお財布にしていきたいと。

それで・・・ひらめきました。

そうか〜これならお財布の中身が増えるかも、と思い、笙先生と話して・・・

「それなら、僕も賛成するから、ぜひやってみたら」といい、彼女はより大きなお財布になれるように進んでいくことにしました。


9月30日のメールです。

「先生、今月はお財布に一万円残っています。
本当に不思議です。

今まではカツカツの状態だったのに。

これからもっと腕を磨いて、金運財布に育てます。

あ、そうそう、昨日の夢の中にお財布さんが○○を食べたい、という夢を見ました。

実行していいのでしょうか?」という彼女のメールでした。


笙先生が一言。
「彼女は、きっと次を買うのは思ったより早くなって、そして大きな財布になれると思うよ」。




ちなみに・・・ふるらんの金運教室はスピリチュアルな講座です。

ですから、先にお財布を買ってきて
「これ、どうですか?」と聞かれても・・ごめんね。

買う前に・・・来てね。

 
CMSならドリーマASP