チャネリング教室〜指輪のスピリチュアルパワー

チャネリング講座の生徒さんがきれいな指輪をしているのをみて、

「それ、どうしたの?」と聞くと

「昔、友達に買ってもらったのものです」と言いました。


とても仲良しだったのですが、友達は結婚して、東京へ行ってしまいました。

今でも交流がありますが、なかなか会えません。

ですよね〜女の人はお休みは取れないし、子供を連れて歩かないとならないから・・・・


(たまに・・身一人になりたい・・、とみなさん言われます)



「きれいな指輪だし、これパワーが出てるのが見えるから、これを増強させて・・広げたら?」とふるらんが言うと

「そんなことができるんですか?」というので

「やってみたらいいわよ。チャレンジするのも楽しいし。それにスピリチュアルって、見えるとか聞こえるとかじゃなくて、楽しんだり、喜ばせることだと思うの。

世の中はどっちかというと、憑いてるとか、憑いてないとか・・・不幸とか、それをどうするかっていうことだけど・・・ふるらんははっぴ〜になるのがいいな〜と思うし。

あんまりスピリチュアルすぎると現実逃避だしね。

ふるらんはバランスがすべてだと思うの。

女の子は神秘が好きだけど、でも現実あっての神秘だと思ってるわ」というと、生徒さんはうなづいてくれました。

指輪と彼女の相性を見て・・・・

いい感じ。

足りないものを見て・・・

「これをくれた彼女って・・・〜〜〜〜〜で〜〜〜な人じゃない?」というと

「そうです。それをいつも思っていて、時々彼女に言うのですが、受け入れてくれなくて・・」

「そうね、それができるようになったら、お子さんとの問題も消えると思うわ」というと

「え、わかるんですか?」というと、

「うん、それと・・・ご主人の問題も少し・・・お金かな?」というと

「そうです」と彼女はいいました。


それじゃ・・・と思って、彼女の訓練と、その友達のはっぴ〜になれるように・・・チャネリング講座を少し変更して・・・
(このへんがふるらん流です



その訓練方法を重ね・・・

数か月過ぎたときに

「ふるらんさん、最近、指輪が太くなってきた感じがするんですけど、反面、軽くなった気がして・・・」と言いました。


「それは面白いね〜」というと、

「ええ、毎日、これをしていますが、不思議なことが起き始めたのです」と言いました。


会社で、女性同士でお弁当を食べているときに恋愛の話になったそうです。

そして則子さん(仮名)が、
「誰か私を心から思ってくれて、愛してくれている人いないかな?」と言ってみんなで笑っていると、生徒さんの指輪が外れて、転がり始め・・・
それを追いかけていると・・・男性社員の足元に転がっていきました。

男性はそれを拾ってくれて、生徒さんは
「ありがとうございます」というと、彼は指輪を渡してくれました。

その時ふっと生徒さんの中で則子さんと彼が結婚式を挙げているの画面が出たそうです。

ほんの一瞬。


まさか・・これがチャネリング?と思って、またお弁当のところに戻りました。

男性は・・・仕事をきちんとして、そして穏やかな人。

でも、女性から見ると・・ちょっと物足りない感じがある人にみえます。
(女の人って・・・きちんとしすぎる人より、すこしあそびっけのある人の方がいいのでしょうね。結婚するには本来はこういう人がいいのでしょうが・・)


指輪を見ると、赤い糸のようなごみが付いていました。


「この時、ふるらんさんの、偶然は必然なのよ、という声が聞こえてきました」と彼女は言いました。


その赤い糸をポケットにしまい、またご飯を食べました。



仕事が終わり、あの男性と偶然会い、彼女は思い切って
「則子さんのこと、好きじゃないですか?」と聞くと、彼はビックリして

「そうなんです・・・でも、断れるのは目に見えていて・・」というので、ふるらんと笙先生のことをいい、則子さんのハートを落とす方法を学ぶことにしました。


すべて・・メールで会話です。

生徒さんは時々見ていると思いますが、授業中の時にも、ふるらんはほかの生徒さんからもメールが入ってきます。

「今、彼といるのだけど、今夜お泊りしてもいいですか?」とか、

「彼が、旅行に誘ってきましたが、断る方法はどうしたらいいですか?」とか、

「今日はじらしたいのですが、なんといったらいいですか?」とか。



これの・・・男性側から、彼女を落とす方法です。


ちなみに・・則子さんはあまり男性運がよくないと聞いていましたので、なぜかと思ったら、見た目から入るので、失敗しているみたいで・・・


愛する結婚もいいけど、愛される結婚は安定なんですよね。

旦那さんがあなたの言うことをなんでも聞いてくれますから。


彼に、注意点と進行方法を話し・・・・


そして、生徒さんがそれを確認して・・・・



告白のタイミングを見ていました。



ある問題が起きたとき、その問題を起こした人が怒られていた時、彼はその人に対して
「起きた問題は仕方ない。これをみんなで解決して、よい方向にもっていかないか?」と言ったそうです。

そして、彼を中心として、無事問題解決しました。

そして女性社員から
「意外に、男っぽいのね〜」と言われていました。

則子さんは
「内面の強さってあるのね」と言ったそうです。


その報告を聞いた笙先生は
「今だね」という指示を生徒さんにメールをすると

「ふるらんさん、また指輪に赤い糸くずみたいのがいつのまにかついているのです。今ですね?」とメールが来たので

「行け〜!行っちゃえ〜〜!」と前に進むように連絡しました。


タイミングがきました。

彼は、則子さんに告白。
そして二人はお付き合いをスタートさせました。



生徒さんを通して彼から
「人を好きになる気持ちは勇気にも変わるんですね」と連絡がきました。




そしてその数か月後、生徒さんから
「また赤い糸みたいのが指輪にくっついていました。二人は婚約するのでしょうね?」とメールがきて、まもなく二人から指輪を見に行ったこと聞いたそうです。





生徒さんから
「幸せをひきよせられるように指輪さんを育てます。

それと、先日指輪をくれた友達から連絡がきて、二人目の子供ができたそうです。
ご主人は転職することがきまり、お給料も上がるそうで、お金のかかる趣味ももうやめて、家族の為に家を買おうと思うし、お金もためるよ、と言い出したそうです。

幸せってつながっているんですね」と連絡がきました。



そうよ。

一つの幸せはたくさんの幸せさんとつながっているの。


あなたの幸せな言葉がたくさんの人につながるのと一緒。


だから、どんどん幸せ増やしてね。


 
CMSならドリーマASP