魂を豊かにする方法

辛い愛ならやめなさい、悲しみがあふれだすから…

溢れたものは頬をつたい、悲しみの跡をつけ、やがて魂の蔵と言われる枕に染み込み、あなたの大切な蔵を侵食し、やがて蔵の中は悲しみの物だけで満杯になるから…


人は年を重ね、痛みの経験が深ければ深いほど魂の蔵には過去の痛みや、後悔という品物が棚の上に並び、棚の上には多くさんのチリやホコリがある。

チリやホコリなら払えばいいが…傷やヒビや欠けは…


まして、傷つきながらなんとか相手を変えようとする努力をし、でも変わらず、ますます傷を増やすような愛は辛い。


本当の愛なら説明のしようがない多幸感に満ちあふれ、ささいなことに心を惑わされることなく、ただ一人の人を命懸けで大切に守ろうとし、つねに優しく見守り、次の世代に伝えていくことを知っている。


人に伝えられない愛なら今すぐやめなさい。

相手の都合で自分の魂をかきみだされる愛ならやめなさい。

魂は清き愛を探す力があるのだからその才能を自分で汚すのは不徳だから…



愛にあふれた魂をあなたは育て、肉体が滅びてもまたその魂を抱いて生まれてくるようにしなさい。

それがあなたの使命だから。

あなたの蔵の中のものを変えられるものはあなたしかなく、他人にはできない。
なぜなら蔵のカギを持つものはあなたであり、解錠も施錠もあなたの権利だから。

人に見せるのも、人を入れるのもあなたが決めるものであり、それによって蔵のものが壊れたり、傷ついたりするのは自己の責任であり、悔やんだり、恨んだりしてはいけない。

あくまでも人生の経過で結果ではないから。


蔵に新鮮な風をいれなさい。
ホコリが落ちるから。
心から信頼できる人に蔵のものをメンテナンスしてもらいなさい。
壊れるのを防ぐから。


人の役に立つものは人に貸したり、譲ったりして使ってもらいなさい。

人に喜ばれるから。


そして…蔵は年月を重ねるとともに丈夫にしていきなさい。

雨風や火事にも耐えられるように。


今変われば未来は安心だし、宝がたくさんある蔵になるのだから。







生徒さん達へ。

蔵の回りの雑草は抜きましょうね〜

 
CMSならドリーマASP