大阪チャネリングセッション〜オーラのパワーで幸せをつかむ

 
初めて彼女を見た時は普通の普通〜ぐらいのオーラでした。

話していて、あることに触れたときに

「あら?」と思いました。

あるお話しを彼女がしているときに、ふっと彼女のオーラが変わるのです。

「もしかして・・・」と思い、

「スピリチュアルに興味がある?」と聞き、

「はい、あります。いつかはやりたいと思っていました。今回はチャネリングでのセッションですが、チャネリングも覚えたいのです。それかタロットか」というので

「あなたはちょっと特殊ね〜」というと不思議そうな顔をするので

「あなたのオーラでヒーリングか・・チャネリング・・・でも将来はあなたらしい、癒しができると思うわ」というとうれしそうな顔をして

「本当ですか?」と言いました。




彼女の隠れているオーラには癒しの力があると思いました。


その人によりますよ。

癒しの人もいれば、治療の人もいます。

オーラの中にチャネリングができる人もいますし、そのパーセントが少しずつ違う人もいます。

彼女にはちょっと変わった方法のチャネリングを覚えてもらうことにしました。

将来ヒーラーさんになってもらうのことを考えての方法です。


オーラとは毎日、変わります。
もちろん体調が悪いと・・微妙に変わります。

凄い人になると・・その人が席を立ち、いなくなっても、座っていた椅子が輝いているときがあります。


「あの人すごいね〜〜」としみじみ見ているときもあります。



ヒーリングとチャネリング・・・
エネルギーの使い方とあとは彼女がどんな方向と広がりを示すか・・・

彼女にはあるものを買ってもらうことにしました。
もちろん
「自分で出会ってね」と言って。

ふるらんがみつけて与える方法もありますが、そうではなく、彼女のプロセスが見たかったのでした。



数か月すぎ、彼女は
「これですか?」とあるものを持ってきました。

ふるらんは
「方向性はあってますね。もう少し・・〜〜を感じてみるといいと思いますよ」といい、また次回に宿題を出しました。

そして・・一か月後に持ってきたものは・・・「○○」(内緒)

「なぜこれを?」と聞くと

「見た瞬間、これだ!と思うよりも、これがいいな〜って思ったのです。それにその前で不思議なことが何回もありました。
きっと見えないチカラってこれなんだわ・・・・と。
そしてふるらんさんの話しを思い出しました。
授業中、あなたは〜〜だから、〜〜は向かないの、〜〜と〜〜はあなたを迎えてくれるの、と。

それでこれにしました」と言いました。


彼女は何かをつかんだわ、とふるらんは嬉しく思いました。


ふるらんは
「それじゃ・・次は・・」とある宿題をだしました。

その一か月後に彼女は宿題をみごとクリアーし、

「もう教えることはないわ」とにっこり笑うと彼女は

「え〜まだまだお願いします」と笑っていました。



ふるらんはすぐに
「はい!」と言って育てることはありません。

物事には時間が必要なのです。


写真の蓮の花が種の時から花を咲かせるまで必要な時間があるように、次の年に咲くには一年かかります。

すべてには時間がかかるのです。


まれに
「どのぐらいでできるようになれますか?」と聞かれる時があります。

その時、ふるらんは
「その人次第。だからお金も時間も・・・よく自分と相談してね」と答えます。

そしてその人が決まって質問してくるのは
「もしできなかったらどうするんですか?できないなら最初からしないほうがいいので」と言います。



咲くか咲かないか・・・
でも農家の人も花を育てている人も、何があっても信念を通すのです。

そしてなっとくが行くまで人生をかけるのです。

だから野菜もお花もきれいなのだと思っています。





彼女にはゆったりと時間をかけ、大きな樹というよりも、大きな虹の色を相手に渡せるようにしてあげたいと思っています。



彼女に
「何年かかるかわからないけれど・・行くところまで行ってみる勇気ある?」と聞くと、答えはもちろん

「はい」でした。

(いずれ・・海外に行く運命の人です。頑張って育てます)



ふるらんは蓮の花が大好きです。

昔、霊感のある尼さんに言われた
「あなたはいずれ蓮に乗れる人よ」を信じて、なんとかして蓮に乗って見せます。

(まだ・・髪一本でも沈没すると思うわ、苦笑)

 
CMSならドリーマASP