大阪 チャネリング講座 〜 徳の高いお坊さん

 
チャネリング 講座の時にお坊さんの過去世を持った人が時々来られます。



それは・・ふるらんの過去世で、お坊さんの時代の時の関係者であるときが多いです。



ふるらんの過去世でずっと昔のは・・・覚えているのはチベットかどこかの山の中でオレンジか黄色に変色した布を巻いてお弟子さんと日々修行をしていた人でした。

骨と皮しかないところまでいきましたが、結構長生きしたみたいで、山の中で亡くなっています。

一番近いお坊さんの過去世は・・日本で。

商売人の家を飛び出して、僧侶の道を歩きだしましたね・・・

「自分の愚かさをただすため・・」なんていう名目でしたが、本心は家が嫌い。
(今世もそうですが)

でも仏様の世界は大好きで、どうしても仏様に会いたかったみたいです。


むっちゃ荒行していたらしく、道端で寝るのも平気。
滝は大好き。
流されたり、沈まされても楽しくてしょうがない。

だってあの世に行けるのだから・・風な人でした。


山歩きは結構していたので、今世は嫌いです(苦笑)

そして好き嫌いはまったくなし。
あ、ホヤとなまこが・・いまだに無理かも・・



「宗教は・・・無宗教です」と生徒さんが言われたので、思わず小さく笑ってしまいました。

そして生徒さんに
「でも・・あなたは好きすぎて・・嫌いって言っているタイプだよね?」というと

「え?」という顔をしたので、彼女の背後の人の話をしました。

お坊さん・・それも厳格タイプ。

「だから・・よくないお坊さんを見るとほかの人よりなんか腹立たしく感じるでしょう?」というと、

「だって、きちんと修行していないとわかりますから」というので、

「きっと・・あなたがしてきたより、そのお坊さんが甘いから腹が立つのよね」というと

「それってありま・・・あ!」と気が付きました。


たまに徹底した掃除をする夢を見るそうです。

なぜかふるい家で掃除、洗濯。


「掃除は修行だし、自分の心磨きだもんね〜」というと

「はい、今も掃除だけは必死にするので家族からはそんなにならなくても・・と言われます」と苦笑いをしていました。


チャネリングの授業を進めていきました。

すると彼女自身のチャネリングは
「自分に厳しいメッセージ」ばかりだったので、ふるらんは彼女の後ろのお坊さんと会話してみました。


ずっと霊感会話ですので、彼女をみながら無言です。


そうして10分ぐらい過ぎたころ、彼女が

「それでもいいのか?と聞こえてきたのですか・・・」というので

「うん、それでいいと思う。私としては・・もういいと思います、と伝えてくれる?」というと、彼女から

「ありがとう・・やっと楽になったと・・・」と言いながら涙が出てきていました。

「やだ、なんで涙が・・・」というので

「いいのよ・・・本当に嫌な涙じゃないでしょう?そのまま流して・・・」と彼女の涙の流れているのを見ていました。


ふっと衣が揺れて、音がした気がしました。



超厳格だったのです。

しかたないのです。

そうしないと・・・修行していないと・・自分が崩れそうになるからです。



でも・・・その考え方は今世彼女の人生に影響します。



「チャネリングで聞いてみて・・・これから彼女に臨むことは?」と聞くと、少しして彼女がびっくりした顔をしながら

「家庭を持ってほしい・・・」と言いながら泣き崩れていました。





女に生まれてきた理由もいろいろあるし、

お化粧して、綺麗になって、心がウキウキして、

好きな男性からプロポーズされる喜びも、

子どもを授かる幸せも、

子どもを失う悲しみも、

命を育てる経験や、

心と戦う経験や、

いろんな経験をして・・・顔に刻むシワを見て

「よくやってきてるわ、偉い、偉い」と言いながら女性として豊かになっていく。



家庭を持てるって幸せなこと。

それを今世で実現したいと、心から思っているのなら今の自分とよく話しましょう。


どうする?

どうしたら・・・素敵な家庭を築ける?





彼女に霊感会話であることを言ったら、(無言で)彼女からの回答は

「いたよ、って行っています。なにがいたのですか?」と彼女が言うので、ふるらんは

「いずれわかるよ」と笑ってごまかしました。









 
CMSならドリーマASP