東京セッション 恋愛教室〜彼の心をつかむメールの書き方



誰でもかれでも・・落とすようなことは教えません。

‘あなたが好きでこの人なら・・・’とこちらが背中を押すときには教えまます。


そして・・・もちろん、結婚したい、と願う人にも。


だって〜幸せになってもらいたいもん。


それと・・・笙先生いわく

「男性は勇気のいることだからね・・結婚してください、っていう言葉は」と言います。


それを言わせるのは、ある意味女性の義務かもしれません。


ふるらんはそう思っています。






いいな〜彼、と思って、なんとか相手のアドレスまでたどり着くのは・・努力してもらいます。

もちろん、言葉でいろいろ話して、彼からアドレスをもらえるように持っていく方法も教えます。



問題はそこからです。

あなたの好き勝手なメールは彼にとって迷惑です。

最初は楽しいでしょうが、男性はもともとメールが大得意の人は少ないですし、疲れているのにこの時間にメール?と思われたらもう終わりです。


相手のことを知らないのに、女性側が早く、早くとせかすようなタイミングでメールを送ると・・・もう駄目です。


男性に嫌われます。


「そんなつもりはありません」とか

「だって相手のことが見えませんし・・」と言われる人もいます。

でもね・・・相手のことがわからないのに、楽しいメールを送る数が彼の心の器を超えたとき

「うるさい女」に成り下がります。



メールこそ、‘空気が読めない女’は敗者と化すのです。





彼があなたのメールを見て、
「この人・・素敵だな」と思わせるようなベストなメールを買いてナイスなタイミングで送られた時、彼はまたあなたのメールを待ち焦がれる男性となるのです。







恋愛教室では徹底してメールの書き方を教えます。

せっかく素敵な彼なのに・・失敗してきた女性をたくさん見てきたからです。


(反対に男性が女性に送ったメールで失敗して彼女を取り逃がしたこともあります)



そしてふるらんは厳しく(笑)、そして愛にあふれて(笑)教えていきます。



真剣に学んでくれる姿はふるらんはとても好きです。

そしてその姿を隣で見ている笙先生が

「あの生徒さん、だいぶ良くなってきたね〜。もうすぐ彼氏ができると思うな」と言ってその通りに彼ができたとき、笙&ふるらんは

「よかったね〜〜愛のムチ(多分柔らかいと思います)が効いて・・・」と二人で笑顔でいます。




今のままでは今のままなのです。

友達に書くメールが変わると、友達関係が良くなります。

仕事の関係もそうです。


上司から急に食事に呼ばれ
「最近いい仕事しているね。これからも期待しているよ」と言われ、彼女ははっと気づきました。


メールの書き方を変えて・・仕事がはかどっていることに気づいたのです。






ある恋愛教室の生徒さんのお話しです。


彼女は彼と別れて、2年すぎました。

ダブル霊視では
「その彼とわかれてよかったね〜」という回答を彼女にしました。


彼女は新しい彼と・・・もちろん結婚相手を探すことを決意しました。


徹底的にメールの書き方を覚えてもらいます。

はい、「ラピス・ハート」に送っていただいているメールの文章もきれいに直してもらいます。



普段の携帯やスマホのメールだけ直しても恋愛運はよくなりません。



「ここは・・・こういう表現の方が素敵だと思うわ」と生徒さんに教えます。

そして
「会社の人の場合は・・」と応用も教えます。


相手の人が書いたメールをどう読むかが必要なのです。

そしてスピリチュアルな部分はもちろん生徒さんはわかりませんので、相手の方を霊視して、帰宅した後のメールの時にそれを使うようにしてもらいます。



だいぶいい感じにかけてきたときに、やはり恋愛運が上がってきたせいか、一人の男性が現れました。


彼は出向で期間限定で会社に来たのです。


「期間内でなんとかしたい」という彼女の気持ち、わかりますよ〜


笙先生とふるらんとダブル霊視して
「この人いいね」と同じ答えになりました。



笙先生から、相手との相性と将来の話をしてもらいました。

そして
「彼、いずれこっちにずっといると思うよ。そんな気がする」と言われました。

彼女は
「それってどういうことですか?」と聞かれたので

「この会社なのか、自分でするのかわからないけれど、東京にいることになると思う」と答えました。





メールアドレスをもらうことに成功。

そして歓迎会として一緒にみんなで食事。

恋愛教室で覚えたことをフル活用!


できるようになると、断る男性なんているわけない、と思っているのはふるらんだけ?(苦笑)




ほかの女性と違うメールを送るようにお話ししています。

もちろんスピリチュアル的なスパイスも兼ねて。


タイミングは笙先生が
「この日にこのメールを〜〜してくれる?」と教えてくれます。



会社の中である問題が起きました。

彼はその対処で大変になりました。


笙先生とふるらんは

「チャンスだね、仕事もサポート、そして心も・・だよ。このメールを送るといいよ」と言ってあるメールを送りました。

彼女からは
「女性の私でもこのメールなら感動します」という返信をもらいました。





その後・・問題が無事解決。

彼女に彼からメールが来ました。


「とても心の支えになりました、ありがとうございました」というメールをもらい、彼女からあるメールを送ってもらいました。

その返信が

「本当に君は素敵なメールを書かれる人ですね。普段の仕事の時は〜〜で〜〜だと思っています。

もっとお話しがしたいと思っていますが、もしよかったら二人きりで話をしてもらえませんか?
・・・中略・・・・・よろしくお願いします」。



やった〜〜!です。

でもこれにすぐ乗ってはいけません。

なぜかわかりますか?


もっと男性の心をがっちりつかむグッドタイミングなのです。


「ふるらんの必殺必中メールの送信だよ」と笙先生からの御達し。


そしてそれを〜〜で〜〜すると・・・・


彼から速攻メール。


「ますます会いたくなりました。ぜひ早いうちに二人で会いたいです」と。




ふっふっふ〜〜〜〜〜〜



そして二人はデート。

この時も恋愛教室での「デートの仕方で男性を落とす」を教えていますのでそれを実行するのみ!


その後、彼女から来たメールは

「先生たちが教えてくれた通りにすると、彼がその通りに動くのでとても楽しかったです。

おかげでデートに余裕ができて、素敵な女性が演出できました」と返信がありました。





あれから1年。

4月の移動がありました。


彼は東京にいることになりました。

そして東京支社の課長になりました。



最近の彼は
「いずれ自分で独立して、君を楽にしてあげたい。

今のまま会社に居ても君との時間が少ないと思うし、子供もやりたい人生を歩かせてあげたいから。

僕は君の為に一生懸命になってる今の自分が好きなんだ。

これからもよろしくお願いします、って頼んでいい?」と言ったそうです。



最近わかったことですが、彼のお父さんは会社を経営されています。

後を継いでほしいらしいけれど、彼は

「最初から自分でやりたい」というそうです。




「やっぱりいい男はちがうね〜」と笙先生とふるらんはにやにやしているのでした。



ちなみに・・もうすぐ彼女と彼の誕生日です。

はい、プロポーズもまもなくですね。




笙先生いわく

「彼を霊視すると・・結構最初は大変だろうけれど、成功する男だね」と言いました。






ちなみに・・このお話し、彼女より、彼は5歳年下です。

 
CMSならドリーマASP