大阪セッション ダブル霊視〜馬の置物で縁を切る

 

 

他府県から来られたお客様が
「両親が離婚したのですが、時々父親が再婚を求めてくるらしく・・・母がとても悩んでいます」と言われました。

「それは・・しつこくていやね」と話すと、

「ええ、私ももう父には会いたくもありません・・」と言われました。


聞くと・・本当にわがままなお父さんみたい。

写真を霊視すると・・
「俺をかまってくれ〜〜〜〜」と叫んでいるのがわかる。

なぜもっと早く別れなかったの?と思うでしょうけれど・・やっぱりお金が問題なの。

生活できないと・・別れられない。


子供が大きくなるまで・・と我慢している人が多い。


「もう父から連絡が来ないようにしたいのですが・・」と言われて、持ってきてもらった写真をじ〜〜っと霊視。

笙先生が
「本来なら弁護士さんとか・・なんだけれど・・」というので

「確かにそうなんだけれど・・でも何か違うね」と二人で相談していました。


ふとふるらんの頭の中に馬が走っているのが見えて・・・

「実家は・・馬とか飼っているの?」と聞くと

「いえいえ、そんなことありません」というので

「頭の中に馬の画面が出てくるだけれど・・」と話すと彼女は考えて・・・

「生きている馬はいませんが・・・お母さんの実家に、お母さんのお父さん、私のおじいちゃんが大切にしていた馬の置物があります」というので

「それって・・赤い感じの?」と聞くと

「ええそうです。真っ黒ではありません、少し赤黒いです」というので、

「それ、借りてきてもらうことできる?」とふるらんが聞くと、

「はい、実は・・母はずっとその置物を家に置きたいと言っています」というので、ふるらんは

「それって正解!おばあちゃんに話してそれをもらうか、借りてきてもらえる?」と聞くと

「できると思いますよ。母に伝えます」と言いました。


少しして、彼女から連絡が来て、その赤い馬の写メが来ました。

笙先生とダブル霊視して・・・
「これはいい。ちょうどお母さんを守ってもらえるね」と同じ見解。


それからすぐ、その赤い馬が彼女の家に到着。

彼女から連絡が来ました。

「馬が来てから家の空気が変わったみたいと母と話しています。

なによりピタッとお父さんから連絡が来なくなりました。

お母さんも、これでもう連絡が来なくなると思うと安心しています。

本当にありがとうございました。

それと・・弟の結婚が決まりました。

それも不思議な話なのですが、弟のお嫁さんのお父さんが結婚を反対していたのですが、そのお父さんの夢の中に馬が出てきて、その馬の背中に赤ちゃんが乗っていたらしく、その赤ちゃんに
「生まれたいのに生まれられない」と怒られたと話していたそうです。

それでお父さんは結婚を許してくれたそうです。

幸せが二つも一緒にあってとても嬉しいです。

今度お会いするときはお礼をかねて母を連れていきますのでよろしくお願いいたします」と連絡が来ました。



おじいちゃん強し!!

さすが愛!


家族の幸せのため、根性を出してこそ男の中の男!

やっぱり昔の人はすごいわ〜〜!



 
CMSならドリーマASP