大阪スピリチュアルセッション〜猫が神棚に上がる理由

「この猫なんですけれど・・・神棚の上に上がるんです」と言ってお客様が写真を見せてくれました。

あら・・・しっかり神棚の上にしっかり猫が上がっている・・・

「何度注意しても上がるんです」というので、

「それは猫が登れるように段があるから、それを片付けたらいいですよ」と話すと

「家が狭いのでできないんです」と話されるので

「今のままでは今起きている問題も片付かないし、猫ちゃんもきっと調子が悪くなると思いますし、それと・・猫が上がるということは猫にもなにも感じない神棚になってしまっているということです」と話すと

「え、何もない神棚に?」というので

「ええ、そうなっているから猫が上がるんです」と言いました。




そのお客様にある話をしました。

8年ぐらい前になると思いますが、お友達の家に行き、庭を見ると、異様な感じがしました。

そして
「家の庭には鳥も来ないし、猫も入りたがらないし・・・」と言いました。

確かに・・・
「私も入りたくない」というと、驚くので

「だって・・あなたの姪っ子ちゃんも入りたがらないでしょう?」というと、うなづいていました。


「でも・・・家の前のところの小さな庭があるところは違うでしょう?」というと

「ええ、あそこには人が来るし、姪も遊ぶし、猫も鳥も来るし・・・」と言うと、

「違いはなんだと思う?」と聞くと

「う〜〜ん・・・」と考え、

「家のこっちの庭はおじいさんの勝手で作った庭だし、小さな方の庭は・・・前の前のご先祖様の庭でしょう?」というと、

「ええ。おじいちゃんが勝手になんでも石を拾ってきてこんなにして・・」というと

「それを鳥や猫が感じているのよね。でも小さい方は動物さえ尊敬している庭、だから大切に使わせていただいているとみんな自覚しているから領域に汚く侵入しないでしょう?」というと、

「そうそう、姪も勝手に芝には入らないし、鳥の声もきれいだし、猫も土を掘ったり荒らしたりしないし」

「すごいよね〜庭って、その人が出るから」とふるらんが言いました。






その話を彼女にして・・・彼女は
「それなら・・私があの神棚をだらしなくしているから猫が上がるんですか?」と言うので

「え、はっきり言ってもいいの?」と前置きをすると
「いいです。運を良くしたいから」と言うので、

「うん。キチンとしていないから。
でもあなた次第であの神棚は素晴らしいものになるし、今のままでは猫棚になるだけ。
つまり、猫がここから神棚を見ている態度を観察したらあなたが神様に対してどう思っているのか猫にも伝わるよ」と話すと、

「猫ってすごいんですね・・・」と言うので

「もちろん、猫も鳥も・・そして虫も。
生き物はみんな命があって、そしてどっかでつながってると思うし。
みんなそれぞれの生き方や使命があって、それなりの人生があると思う。

お互いに生き方の領域があると思うけれど、それを尊敬しながら、そして相手を一方的にやっつけるというよりも、自然のやり方で自然にバランスを取っていくことが基本だろうしね。

庭の風景も・・・バランスだと思う。
宇宙観や風景の意味とか深いしね。
すべてどこかの起源にたどり着くように・・・
だからそれが正しい場合はちゃんと見ている人が落ち着くんだろうし。


でも、どんな生き物でもやっぱり神様の存在ってどっかに感じるシステムみたいなものがDNAにあると思う。

人間は時々忘れているみたいだけどね・・・」と言いました。




彼女は猫の道を綺麗に整理。
ジャンプの足台になるようなものは撤去。

そして神棚をきれいに掃除して・・
お札をふるらんの指示どうりに整理。
(お札の順番もありますし、場所もあります。もちろんお作法もあります)

そして猫は上がらくなりました。
それから間もなく猫は神棚を見つめては、じっとして、それからほかのところへ静かに移動するようになったそうです。



久しぶりに実家に帰った時、母親が
「何かいいことがあったの?」と聞くので
「別になにもないけれど・・」と答えると
「そう?」と言うので、また聞くと
「なんか軽くなった感じがするし・・悩み事が解決したのかと思ったわ」と言ったそうです。


さすが母親。

ちゃんと彼女の命を産んで、愛していますね。

 
CMSならドリーマASP